嫌煙ブームが広がる世間にて車内では禁煙を意識

最近の公共施設は、基本的に禁煙です。
一部例外として喫煙コーナーが設置される事はあっても、施設全体が禁煙と明記されている事が多いです。
健康ブームの高まりを受け、日本人の間でも熱心な嫌煙の風潮が湧き上がったためです。
分煙や嫌煙が叫ばれる今日、公共施設や企業側としても禁煙スペースを拡大し始めています。
喫煙スペースがあると、高齢者や子どもたちが施設に近寄りにくい、そういった事情も背景にあります。
また施設に他に、最近では多くのバスやタクシーの車内も禁煙となりました。
車は密室的な空間です。タバコをちょっと吸うだけでも煙が車内に充満し、一度付着した匂いはなかなか取れません。
バスや自動車の座席シートは、布張りであり、そこにタバコの煙が付着すると、取るのが至極大変です。

特に最近ではレンタカーとして貸し出される車も禁煙になっている事が多いため、愛煙家の方は注意しましょう。
当然、車の中でタバコや葉巻に火をつければ、その形跡はレンタカー店にバレますので、自重すべきです。
またマイカーであったとしても、車を家族共同で利用しているなら、車内では禁煙した方が無難かもしれません。
家族の中には嫌煙家が居れば、タバコの匂いをめぐってケンカが起きかねません。
嫌煙家の方々は人一倍、タバコの匂いに敏感であり、また身体が弱い方や子ども、高齢者の方などもいち早く香りに気づくはずです。
今では布の匂いやマイカー内の匂いを除去するスプレーや芳香剤がありますが、あくまで匂いを緩和させられる程度です。
マイカー内でのタバコは片手運転や火事の原因にも繋がりますので、ハンドルを握る時だけは禁煙を必ず厳守しましょう。
必要であれば、禁煙外来のサービスを利用するのもオススメです。